近視眼科のオルソケラトロジー(オサートコンタクト)

近視手術には合併症などのリスクが伴います

視力低下で悩む方にレーシックなどの近視手術は有効です。
レーシックはメガネやコンタクトなどの煩わしさからも解放してくれるので、
最近は芸能人などの有名人の多くがレーシックを受けていらっしゃいます。

ですが同時に料金にこだわるあまり手術の質が悪くなるケースも報告されるなど、
レーシックによって合併症に悩まされる方も増えています。

レーシックは角膜をレーザーで削る為に術後に問題が起こったとしても
完全に元の状態に戻すことは出来なくなります。

手術を受ける前に十分にリスクについても考えておきましょう。

手術なしで視力回復が可能なオルソケラトロジーとは?

オルソケラトロジーと言うのをご存知でしょうか?

レーシックの様に広く知られていませんが、
プロのアスリートやスポーツ選手、オリンピック選手などが取り入れている近視治療に
オルソケラトロジーがあります。

これは眼科によって視力矯正を目的にコンタクトを使用した治療なのですが、
従来の様にメガネの代用としてではなく、寝ている間に使用する事で
角膜の形を整えていく専用のコンタクトレンズを使用します。

レーシックの様な危険性もなく、安全に治療を行って頂けます。

まだ全国的にオルソケトラジーの専門眼科は少ないですが、
滋賀県の「おぐり眼科クリニック」では全国から来院予約を受け付けているので、
実績や信頼性を考えるならお勧めの眼科です。


近視専門の眼科「おぐり眼科クリニック」
http://www.oguriganka.com/

近視眼科のオルソケラトロジー(オサートコンタクト)メニュー