近視眼科のオルソケラトロジー(オサートコンタクト)

レーシックには合併症という危険性も伴います

最近は多くの有名人の方もレーシックで視力回復を行っています。

しかし、「多くの方が受けている=安全」という訳ではありません。

レーシックには近視の度合いによってレーザー治療で角膜を削る手術を行いますが、
角膜には個人差があり、診断や手術の質が悪い場合など、
最悪の場合には角膜移植もありえます。

他にも夜間の光がぼやけるなどの症状や乱視・かすみなどの症状を訴える方や
リグレッションと呼ばれる「術後しばらくして視力が戻ってしまう」などのケースも多くあります。

レーシックは視力回復に有効な方法ではありますが、
同時にこういったリスクを考えて置かなくてはいけません。

手術などの外科療法以外の近視治療があるのを知っていますか?

レーシックには当然ですが、様々なリスクが伴ってきます。

レーザーなどの手術も出来れば受けたくはないものです。
近視眼科では最近「オルソケラトロジー」による近視治療を勧めています。

これは手術ではなく、患者さんに合わせたオサートコンタクトレンズを使用して
日中ではなく、夜間の寝ている時に着用する事で裸眼視力を回復する治療です。

角膜に傷を受けずに徐々に裸眼の視力が回復していくので、
プロのスポーツ選手やオリンピック選手などにも取り入れらている治療方法です。

レーシックの様な合併症などの危険性もなく、
小学生の様な小さなお子さんでも受けて頂けるほど安全です。

治療には個別に細かく診断しなくてはなりませんが、
レーシックを検討中の方や手術や後遺症に不安のある方は是非ご相談ください。


近視専門の眼科「おぐり眼科クリニック」
http://www.oguriganka.com/

近視眼科のオルソケラトロジー(オサートコンタクト)メニュー